LADING

プロダクト解説第一弾   ドライへアー編  簡単にドライヘアーを作るならこのプロダクト! 紹介編

こんばんは、

やってまいりました、分析Hair stylist うかいです!

これから需要があるであろうヘアスタイルに焦点を当てまして

連載を始めていこうと思います。

 

それでは

 

プロダクト解説第一弾!

ヘアプロダクト、ドライテクスチャに焦点を当ててみます。

 

7e7e5ae0288e350d7ce364f2290a639d-800x548

image from  左 http://www.image-tokyo.co.jp/model/paper/works/18791

 

 

 

 

しばらく続いていたウェットスタイルが一段落し、ここ最近ドライの質感のスタイルが世界的にも増えてきました。
そして、日本でもこれから暑くなってくることで、ドライな質感のヘアースタイルが増えてくると予想されます。

 

その時に難しいのが、なにを使っていいかわからない。

 

一般的にも、美容師さんやヘアメイクさんの中にも、ドライな質感のスタイリングはそれほど浸透しておらず、これといった決まったものがあまりありません。また、こういったスタイルは現在までの主流なワックスや、オイル、クリームで質感を創るヘアスタイルと使い方も変わることから、一般的にも馴染んでいないなというのを感じています。

では早速、ドライな質感におすすめのスタイリング剤を紹介していきますが、主には3種類あるかなと思います。
固形タイプやムースも存在しますが、扱いが難しく、紹介には向いていないので割愛します。

「液体スプレータイプ」
資生堂プロフェッショナル パウダーシェイク
Wella Professional Ocean Spritz Sea Salt Spray
ソルティール シーソルトミスト
ジョンマスターオーガニック Seamist
Bumble and Bumble Surf spray(現在日本では購入できません・海外に行った際は是非)

38d7a635395fc82bbea426753190a648

「エアースプレータイプ」
ミルボン ニゼルスウィングムーブヴェール
ポールミッチェル パウダースプレー 
カルドール エアメイクパウダー
ORIBE Dry Texturizing Spray(現在日本では購入できませんが海外へ行った際は是非おすすめ)

315m02WrMQL

 

「パウダーワックスタイプ」
・シュワルツコフ osis+ オージス ダストイット[スタイリングパウダー]
ダヴィネス モアインサイド ニノ

image1_1

 

 

 

タイプ別に見て、このくらいかなと思います。
細かく分ければまだまだ有りますが、コストとのバランスを見て挙げさせていただきました。

 

次回以降の更新では、

・簡単にドライヘアーを作るならこのプロダクト!(一般向け)
・種類別プロダクトの効果と解説
・撮影に特化したプロダクトの制定と使い方(プロ向け)

これらを記事にしてまいります。
週に1度は公開できるように進めてまいります。
暖かくなってくる5月のGWに間に合うように!

よろしくお願い致します。




サロン予約のお客様へ

現在は滋賀県南草津の美容室 Snob Angelaで予約を受けております。

スケジュール公開と予約可能になるのは該当日時の1週間前からです。
よろしくお願いいたします。

ご予約はHotpepprのサイトから
https://beauty.hotpepper.jp/slnH000233577/







yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA