LADING

地方からデザインをつくることがもっともっと気軽に通じる世界へ

昨日こんな報告を受けました。

 

名古屋の企業が手がけている美容師のコンテストの結果ですね。
ノミネートされることは本当にめでたいし素晴らしいなと思いながらいくつか彼と話しました。

どのくらいの応募数で、どのくらいのレベルで、どのような審査員が、何を意識してこのコンテストを作ってるのかは確たるところは知らないですが、受賞作品やノミネートされているもの、審査員の方々を見るとJHAに近いものを感じます。JHAと違うのは現役でデザインを作られている方がしっかり審査をしている、もっと身近なところで作られているということでしょうか。一部違う方も居ますが実績や活動を見ればそうと感じられるところです。

そんなコンテストに22歳のキャリアも浅い若者が、テクニックを超えてセンスで選ばれるのはほんとに素晴らいいことだと思います。いいものはいいですからね。

 

 

その上で、他の作品と自分の作品の違いを感じてほしいと話しました。

 

〜〜〜ここから美容師がコンテストで意識してほしいことについて話したこと

①hairを作り込むことの難しさをどれくらい表現できているか
②時代性・先進性をどれくらい取り入れられているか。
③全体を通してのクオリティ

身内目線で厳しく見ると


他の作品と彼の作品の作り込みには圧倒的な差がある。テクニックも含め。
そのなかでノミネートされている理由と意味を知ったほうがいいと思うということ。


このようなコンテストの作品を作るのは早ければ半年以上前、遅くても2ヶ月以内位につくる。審査結果が出ることろには時代は進み、ダサくならないための目(センス)を持たないとこのような機会では結果は出ない。かわいいきれいなら通るそんな世界ではない中で、写真とヘアメイク衣装のバランスが上手く行ったから今回の結果になっている。そこでHairはどのくらいのことを考えたのかを見たほうがいいと言うこと。


クオリティを上げるためにどのような努力をしてきて、どのような行動を行って、結果どんな形になっているのかは審査員をしている方や、見る目が有る方にはすぐにバレる。今回はなぜ評価してもらえたのだろう。そのポイントをしっかりインプットし今後の努力に結び付けないともっと大きなコンテストの世界では結果はでない。

総じて今回の結果をみて私なりに思うのは美和さんが審査員だったことに尽きるでしょうね。
厳し目目線で見るとこのように感じます。

〜〜〜美容師的視点終わり

 

世界的なSustainableの流れをトータルデザインに入れて評価してもらえたのだと思いますが、きっとヘアーはもっと今っぽさを意識したのだと思います。バランスとして写真と衣装はものすごくそこを意識して作品として仕上げました。それがあのヘアーに一番生きると考えたからです。

このようにコラボすることで見える目線や広がる世界を地方からもどんどん伝えてほしい、芽が出てきてほしい。こう考えて動き出してすぐの撮影で彼がこうやってチャレンジして結果を残しているのには仲間として本当に嬉しいことで、誇らしい。センスある、努力をしている一人のクリエイターがこうやって見つけてもらえるためにしんどくてもやったかいがあるなあとほんとに幸せに思います。

 

まだまだ世界は広いしすごい人はいっぱいいる。
東京以外でもほんとにたくさん居ます。
そんな人に少しでもステージを上げてもらえるように私は頑張ろうって思います。

 

 

Rionくん本当におめでとう。
まだまだやるところいっぱいあるって最高やん。
それだけ結果になる確率は高くなるよ。がんばれ!

https://www.instagram.com/rion.snob/?hl=ja




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA