LADING

作曲・編曲をされている HAKUNOさんとコラボし動画を作ることにしました

なぜ今

 

動画制作を始めたのか
スチールカメラマンが、ムービーを作ることが正解なのか。

いくつか疑念も出てきますし、それでいいと思っています。

そもそも、なぜ写真?ムービー?というのはとりあえず置かせてくださいwそのうち書きます!

 

その上で、自分ができることは全部やってみよう。こんな考えで動画を7本作りました。 20sくらいから2分位のものまで。結果、動画は撮れる。人物撮影に必須なヘアメイクも自分ができる。最後に必要な音楽だけがたりなかったのです。

動画を作るたびにそれは感じることが本当に多かった。著作フリーのものを、もしくは購入型のところから使用するために使うのか。その方向も考えました。過去にはトラックを自分で作っていたこともあるので、ピアノトラックのシンプルなものを自分で作ることも考えました。どれも現実的ではないという結論になりました。

時間・コストに見合ったものではない。と。

ここでかねてからコラボしようと考えていたし、そう伝えていた方にほんとに始めるのでお願いをすることにしました。将来のカタチまで見据えた「企画書」込で。企画書は現在はまだまとまっていませんが、まずはportfolioになるものを作っている間に、それぞれの良いところ、強み、興味あるところへ目指した「企画書」を作る予定です。

 

 

ただ動画を作る
ただ音楽を作る
これらを発信する

 

これだけじゃビジネスにはなりにくいと思います。

素晴らしく飛び抜けたセンスがあってもです。
奇跡が重なったり色んな要素が込でうまく行く方もほんとに稀にいるとは思いますが、

稀を基本に据えてビジネスにはできないのでしっかりじっくりやることにしました。

 

だからこそ「企画/パッケージ」を売ることを始めようとしています。

 

正直なところ。

こんなことをやっている人、企業は腐るほどあります。

ですが今の時代だからこそ、個人からのコミュニティで成り立つ世界があると思うんですよね。

私は主にそれを地方で動かそうとしました。
主になので正直どこでもいいと思っています。

 

パッケージ作って
企画作って
営業かけて
人のマネージメントして
形にする

 

これだけなんですよ。

 

これがなかなかできないし、軌道に乗せるのはほんとに大変。

だからこそ私は写真と、動画を自分でやり始めました。
最低限のクオリティを保証できるのはそれが当人であればこそだと思ったので。

もっとすごい人達は日々一緒に仕事をしているので、経費に合わせてそれぞれにお願いするだけでいいんですよね。

 

 

結果。

みんなが好きな仕事して
好きな仲間たちと楽しく過ごせる。

 

こうありたいなと。

やっと始まりました。
くらいなものですがまだまだ頑張ることいっぱいです。

応援していただける方が増えるようにも動きながら
たのしんで結果を、そして過程も見せていけるようにやっていきます。

 

第一弾のMovieはこちら

 

View this post on Instagram

Yusuke Ukaiさん(@yusukeukai_photo)がシェアした投稿

よろしくおねがいします!

 

 




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA