LADING

Captureoneのクラリティーが便利すぎた

RAWファイルの現像に私はcaptureoneをよく使っています。

 

特に意味はあんまりないですが

昔から見慣れていたのと使い慣れていたから。

 

ここ最近は Lightroomでもデザー撮影ができるようになって

こっちでもいいかなと思いながら

いざ現像作業をするとなんか違うんですよね。

慣れですねw

 

 

とは言え作業工程でよくするのが

 

Captureoneでクラリティ、スタイル適用、その他いじる

→ 現像

→ Photshopレタッチ

 

 

Captureoneでクラリティをいじる

→ Lightroomでスタイルを適用して色をいじる

→ 現像

→ Photoshopでレタッチ

 

 

のどちらかですかね。

どちらにせよクラリティが万能すぎますね。

 

左普通に現像

右クラリティ調整後

 

 

 

 

なんかちょうどいい写真がなかった。

 

この作業を

Lightroomだとシャープネスとか、コントラストでできるんでしょうけれど

これ変わる工程がありませんでした。

サクッとくすみを綺麗にできる最高です。

 

 

しっかりレビューはプロの方のサイトへw

参考になるサイト

ProCameraman.jpプロカメラマンのための総合Webマガジン

 

Capture One Pro 8の謎のコマンド「クラリティー」を試す。

 

 

何よりも現像って作業がめっちゃ難しい。

 

ブレますねーいろいろ。

私には現像してから寝かせる時間が必要だw

 




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA