LADING

撮影仕込みの解説動画 ヘアー視点

ブランドLookbook撮影時
仕込みを録画しました。

 

その際のヘアーの視点で解説を動画に入れています。
何かの参考になればと。

https://youtu.be/QL1fwoVx0eU?t=3m37s

 

 

 

使ったムース

ウエラ プロフェッショナルズ
エクストラボリューム ムース W3

 

 

サロンワークで考える2〜5倍は使います。
白人の髪はそれくらい芯がないことが多い。

しっかりと芯を作りホールド感を
ナチュラルさをブローで作っています。
ブロー時もヘアビューザーは使っていません。
しっとりしすぎるからです。

常に2台ドライヤーを持って現場で使っています。
欲しい質感へ向けて何を使うかですね。

 

ブローをしっかりするのも、
ブローをしないでアイロンだけで仕上げた状態と比べてみると面白いですよ。

写真にはそれはもう大きな違いが出ます。

どのようにベースを作っているかが撮影の鍵ですね。

 

 

 

仕上げにはしっとりするクリームの時と
カジュアルポック見せたいときでワックスをつけたりしました。

 

 

 

 

 

コンサバに見えやすい、広告系のモデルさんだったので
あまりモードに見えないのを意識したプロダクトを剪定しています。
カール感も、ですね。

 
何かの参考になりましたら幸いです。

動画を見直すと、いろんな発見があって自分が勉強になりますね。

これはいい勉強になりますw

 

 

 

そして、
解説動画を作成する解説動画を作りましたw

 

 

別記事でこれも書きますね!

ではでは。




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA