LADING

SNSは自分の「好き」を紹介するツール from 幻冬社plus

BlogやTwitter, instagram等どれもやっていないかたはほとんどいませんよね。
でも本当に活用できている方もまたすくない。

 

面倒ですものね。

 

SNS疲れという言葉があるくらいです。
どこかで無理をするから続けられないのでしょう。

 
今続けていられる人って結局こうだよねと思った記事があります。

 

 

SNS=自分の「好き」を紹介するツール
http://www.gentosha.jp/articles/-/6884
幻冬社plusより

 
サロンでも、友人にもそうですが
やることでどういう意味があるかを聞かれると出来る限り伝えるようにしています。
というよりは、これからの世の中つかえないとどうするんだろうと思うこともよくあります。

そういう話をするとSNSを毛嫌いすることにどうしても繋がるので
あまりしつこく話すこともありませんが、もっと自由に好きなことに繋がったうえで
個人の力になるように活用すればいいのになと。

 

 

これから発信に力をいれようとしている人ほど、
テクニックではなく、本質を大切にしてほしいと思う。

テクニックというのは、人の数だけ存在するし、
結局は、成功者がやったことの後付けだ。

顔写真に「いいね!」が多くつく人もいれば、
食事の写真に「いいね!」がつく人も多い。
だから一概に「こういうものを
アップすればウケがいい」なんて言えない。
傾向を掴むためには知識を知る必要はあるけれど、
必ずしもそれが自分にとっての正解とは限らない。
記事内より

 

 

別に何をしてもいいんですよね。
ルールなんか何もないし、自分で作ったらいい。

 

友達が好きなら友達と一緒に過ごした時間のこと。
読書が好きなら読んだ本のこと。
ご飯が好きなら食べたもののこと。
カフェが好きなら週末に訪れたカフェ、
コーヒー、音楽、旅、文房具、アクセサリー…なんでもいいと思う。

そういうものを、身近な人にだけシェアする気持ちで
心地いいペースで更新してみるところから始めてみてほしい。

「好き」が溢れたタイムラインは、楽しい。
そして「好き」を発信し続けていると
誰よりも自分が楽しまなくちゃ、楽しさは人には届かないという
「発信」の本質が掴めると思う。

記事内より

 

 
こうやってやり続けた先にしか本当の意味の結果にはならないし
ツールを活用できていることにはならない。
できないなら見つめているだけでほんとにいいと思うが
それだけじゃSNS疲れになるのも結果的にはしょうがないですよね。

だって、自分でそのコミュニティを作ることをしていないのに
与えられるものだけで自分の理想が作れるはずがない。
好きなことも続かない人には何も言えないけれど
好きなことは何をやっていても楽しい。

そういう未来のためにこんな便利なツールはないですよ。
自分が楽しんだ先に見えることを続けて行った結果にどうあるのかはわからなくてもいいじゃないか。
やってれば何か形に残りますよ。

その結果が勝手にコンテンツになっているはずです。

気負わずにたのしみましょ!




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA