LADING

個人がなんでも出来て当たり前の時代から新しいコミュニティ時代へと変化している、美容師達はどう生きるのか。

最近、組織コミュニティの質が変わってきている。

 

 

これまでは個人が引っ張る時代でした。

いわゆるカリスマというものが出た2000年ごろから、徐々に変化をしながらも多ジャンルに渡り個人が力をつけ本物だけが残る世界になりました。そんな人達が資本経済を引っ張る存在でありました。いわゆるインフルエンサーの方もその一人を。

突出した個人に乗っかり、彼らが引っ張り情報を共有しビジネスにしてきた世界がここ数年のトレンドだったように思います。
そんなトレンドの変化が大きく見えて来たのが最近でしょう。

西野さんがオンラインサロンで組織を作り、会員それぞれが動く。動いでビジネスにしている。
幻冬社の箕輪さんや、最近出来た、はあちゅうさんのサロンもそうですね。

(私もはあちゅうさんのところに入りました。めちゃめちゃ面白いです)

 

この全てが、突出した個人に学び(依存)動くのではなく、個人が考えるコミュニティに乗っかり、その中でそれぞれがまたコミュニティを作り行動する。小さなコミュニティの中、トップダウン思想でついて行くのではない、大きな柱の中に小さなコミュニティを作る。その集合体がトレンドの走りになっています。

さて、美容師はどうでしょうか。

カリスマブームが来た2000年中盤からそれほど変化はなく、カリスマ達が作るオンラインサロンブームがこの5年で大きく発達してきました。マルチバースや、アフロートのサロン、美容室経営メインのサロンもあります。

そのどれもが従来のトップダウン思想方式であるように思います。厳密にはそうでない部分も中にいるとわかりますが、簡素に説明するといわゆるカリスマや、結果を出している人達がノウハウを提供する形で成り立っています。

そんな中で、まだ新しい形の物は大きく目を当てるほどではありません。美容師が特化するコミュニティのために考えている段階でしょうか。
そんな中で私も何か動きを作ろうと考えています。
主に都市部以外で。

 

・個人の価値基準の結果
・小さなコミュニティ形成
・美容・ファッションというくくりで作るコミュニティ形成とマネタイズ

 

その全てが、価値も資本も得られ与えられる事であること。
そしてその全てがトップダウンでは無い事(ここが一番重要

 

 

〜〜〜〜
皆それぞれがそれぞれの想いで本業プラスアルファな価値とコミュニティを作って行くことが、何かに依存しないで生きていけるこれからの事なのかな。

お店単位で成果を出して小さい世界で進んでいく時代はもはや東京には無くなってきています。
その上で価値も生み出せる用になってきました。

ですが、地方はまだまだです。

いまだネット、SNSがよくわからないといってるような人たちがいる世界です。
そんな世界で、SNSが分からなくてもうまくいくコミュニティを作って行かないといけません。

 

誰かが得意であれば良いのです。
それでもある程度出来ないことには話にはならないとは思います。
でもそれもコミュニティの作り方でなんとでもなるかなと思います。

金銭的にも、価値基準でも幸せな世界をどこが作って行くでしょうね。

 

今はそれが楽しみです。
自分も作ろうとものすごくかんがえています。
どんどん、明るい未来、見やすい未来が作りやすくなってきましたね。




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA