LADING

時代は多様化だけど我々はその上で特化していなきゃね

先日友人がこんなことを呟いていた。

 

 

ほんとその通りだなと思ったし
今なんとか現場でやれているヘアメイクはこれからどうすんだろって思った。

自分も含めね。
それだけヘアメイクは飽和だし、どんどん海外からも帰ってくる。
日本でも頑張って育ってきてる、若手もいる。

今それなりでも、今後どうなるかはほんとわからない。

 

芸人と一緒の世界。
一回波に乗ってもね。。

 

今後どうなるかわからないことがわかっているのに
チャレンジしていない人がほんとたくさんいる。
待ってても何も変わらない。
誰も見てくれない。

むしろ後退していくのにどうすんだろうか。

 

と。

 

 

あんまりネガティブなことばかり言いたくないけれど
やるなら突き抜けなきゃ誰も感じてくれないよ。
ってね。

 

 

 

友人はそれこそ突き抜けた人。

でもLondonで、NYで
今の自分のスタイルになるまでいろんなことをチャレンジして
ナチュラルも、ぶっ飛んだのもたくさんやってきている。
苦労もたくさん聞いた。

 

それを知っているからこそ
今のスタイルで大きく羽ばたいている彼は本当に素敵だし
尊敬する一人の男。
そんな中で私はどんどんナチュラルに特化する方向へ進んでいる気がする。

 

ぶっ飛んだこともたくさんやってきた。
むしろぶっ飛んだことや
バリバリクールなモードの方が好き。
それがわかったのは全部必死でやってみたからなのかな。
それを今でもどちらもチャレンジすることを忘れていないからなのかなと思っている。

 

 

 

なんでも出来て当たり前の現在。

それは日々の生活でも
美容師の仕事でも
ヘアメイクの仕事でも

どれも同じ気がする。

仕事にするならある一定の平均以上の知識やスキルが無いと生き残れない。
多様な事をしっかり意識して取り入れた上で
どこかに特化してこそこれからのクリエイター。
どこを求められても平均よりもできることはあたりまえ。
結局全部できてこそなんだよね。

 

 

そして、その上で、、

 

そんな世の中で自分は何ができるだろうか。
みんなは何ができるだろうか。

やっぱりチャレンジだよねこの世界は。

 

 

友人の事務所サイト ↓

KUNIO KOHZAKI | W




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.

Leave a Comment

CAPTCHA