LADING

ヘアメイクという世界の仕事のあり方

先日書いたブログでヘアメイクを目指している若い方達にあった話を書きました。

 

ヘアメイクになりたい若者と会ってきて感じた話


今日はその中で

 

・結構すぐに雑誌の仕事ができると思っている。

 

について書こうと思います。

 

 
ヘアメイクの仕事のなかでいくつかのあるわけですが、それぞれに仕事の受け方が、オファーされる種類がことなってきます。それぞれについてはジャンルにより異なるので、まずはそこがきになる方はこの記事を読んでください。

 

ヘアメイク界を目指す方への現在の業界の縮図と私の想い。

 

読んでいただいた上でいくつか分けていきますが

 

 

ドラマや映画系

 

こちらはフリーの方と斡旋会社や派遣等もあったりしてそれぞれ方法論が違います。フリーの方は直接のつながりのあるところからしかオファーは来ません。コネクション次第ですね。自分のバックグラウンドがどこにあるかにより大きく異なります。師匠系列なのか、会社から独立なのか、最初から自分で営業しているのか。

 

派遣や企業から>師匠のつながり>自分で営業

 

関わりやすい順番はこんな感んじでしょうか。
どのポジションで現場に入れるかは含めて書いていませんので、いい仕事をしたいならば時間はそのぶんかかるということですね。自分がメインのスタッフとして関わるとすると上記の順番は逆になると思います。どのポジションでもいいから現場に入りたいのか、それとも責任のある自分の仕事として関わりたいのか。これで大きく変わりますが、企業経由も多いので比較的早いように思います。

*ここのジャンルは私がよくわからないので学校の先生方が詳しいかもしれませんね。

 

 

タレント系のお仕事

 

映画の宣伝や、コマーシャル、テレビ出演の仕事でしょうか。

 

師匠や美容室のつながり>>>自分で営業・企業経由

 

こんなところですかね。「>」が多いのはそれほど大きな違いがあるということです。
芸能系の仕事はつながりがなければほとんどオファーはありません。気に入っていただいて指名される仕事がとても多く、それ以外の仕事はヘアメイク事務所や、美容室に直接オファーが来る以外はない気がします。
美容室にヘアメイクの方々がたくさんいるようなお店は、実績と安心でタレントさんたちの髪を切ったりすることも多いです。その中でチャレンジしていればヘアメイクの仕事につながることになるでしょうね。

 

 

雑誌やファッション系の仕事

 

さて、ここが本題でしょうか。

芸能系の方がモデルとして関わっている場合は上記の状況になると思います。それ以外のモデルさんとファッションページの仕事をする場合や、ブランドの広告、カタログの場合でしょうか。
師匠からのつながりや元々あるコネクション>自分で営業>事務所経由

 

ファッション誌の仕事のほとんどはphotographer, stylistの方からです。雑誌編集者さんからもありますが、基本的にはphotographer, stylistからです。その仕事に関わるためにはつながりがなければいけません。そして、大前提として実績や自分の作品の質が大きく左右します。これはどの仕事でも同じかもしれませんがヘアメイクの仕事を取るためには作品の質を上げるしかありません。その作品を作るためにどうするかがわからない場合は、まずそこから始めなければいけません。美容師なら作品を作るためにカメラマンや、ファッションスタイリストと知り合ったり仕事としてオファーをして、お金をかけて作品の質を上げていくしかありません。それ以外では、師匠につき自分と同じ境遇の仲間をと一緒に成長していくのがいいでしょうね。
それぞれ、作品の質を上げ狙ったところに響く作品を作りその上で一人の人間として仕事を依頼されるまでには結構な時間がかかると思います。日本ならばジャンルにもよりますが最低でも数年はかかるでしょうね。ものすごく早くて。
その中でもジャンルによって違いますが赤文字系、青文字、モードによってもかなりの差があります。それらも理解して自分の人間関係を作っていかなければいけません。5年くらいは見たほうがいいでしょうね。それでも関われるかは自分次第です。どれくらい努力をしたかにかかるでしょう。自分からです。誰も課題は与えてくれません。それがヘアメイクの世界です。
以前に書いたヘアメイクの分布の延長のような記事になりますが、すぐに関われるほど甘い世界ではないと思ってください。相応の努力が必要なこと、時間はそれだけかかること、美容師のキャリアがある人が目指しても時間のかかる世界です。

 

こういった話を若い方や、目指している方に話すとどうしても時間がかかることで悩まれる方が本当に多いです。ですが考えてみてくださいね。

 

自分がこれから仕事をしていく人生の中で

学校を卒業し、目指したところの到達するのに5〜8年かかったとします。その先、何年仕事をしている人生があるでしょうか。
美容師のキャリアがある人がその先ヘアメイクを目指してどのくらい仕事を続けていくでしょうか。

 

人生のうちに働くのは30年40年50年あります。
その中の修行時間って短いものですよ。やりたいことのために修行が必要なんです。それくらい魅力のある世界だからやりたいと思ったはずです。そんなに簡単にできるはずがありませんよね。すぐできるなら、目指す人がみんなすぐに関われます。そんな仕事だったら魅力があるように見えますかね。

芸能系の方、芸人さん、モデルさん、目指している方は本当にたくさんいます。それでも世に出れるのはごく一部です。それと同じだと思います。

 

 

ブレずに諦めないで、チャレンジし続けることですね。

 

何をやればいいかわからないならわかる人に聞きましょう。

現役の方で話を聞いてくれる人がいるかもしれませんよ。

それも一つのチャレンジですね。

 

 




サロン予約のお客様へ
更新情報を随時 LINE@よりお知らせしています。
サイトで確認しなくとも、手元のLineアプリにメッセージが届くようにできますので
ぜひ、Line@ (SWS0717c)うかいの予約アカウントのフォローをお願い致します
髪型の質問等も伺っていますので、お気軽にメッセージください。

add frends








yusukeukai

yusukeukai

東京でヘアースタイリストをやっています。 I am a Hair stylist based in TOKYO.